最年少税理士の独立

なんと、26歳という若さで税理士として独立した、Yさんという人のブログがありました。
Yさんは、明治大学の大学院経済学研究科に在学中から、公認会計士事務所に勤務していました。
そして26歳で独立を果たします。
当時は、税理士支部史上最年少の独立と、ずいぶん話題になったようです。
というのも、勤務していた会計事務所を辞めてしまい、あっちこっちの事務所に面接に行くのですが「君みたいな人は顧客を奪って辞めそうだ」と雇ってくれなかったから独立したというのが本音だそうです。
独立当初は顧客もつかず、仕事がないためスーツ姿でゲームセンターに通っていたと言います。
そんな生活が3ヶ月ほど続き、貯金は減る一方で「どうしようか?」と不安な毎日でしたが、昔の知り合いが顧問契約を結んでくれ難を逃れたということです。
独立1年目には、会計事務所に行っていたときの3倍の収入になっていたそうです。
『捨てる神あれば拾う神あり』ですね。
ところが、急に仕事が増えると体がついていけず、結構きつかったそうです。
仕事がないのも困りますが、急に忙しくなるのも考えものですね。
何も、税理士に限ったことではないですけどね。

子どもの歯の健康に格差があること

子どもの虫歯って最近減ったと聞きます。
昔は、泣き叫ぶ子を無理やり歯医者に連れて行っている光景をよく見た気がするのですが、最近はとんと見かけません。
その一方で、乳歯がほとんど虫歯になっている「口腔崩壊」という状態の子どもさんも増えているそうなんです。
その多くは、経済的困難であったり一人親ということが背景にあるようです。(もちろん一人親でもちゃんとされている人は多いです)
朝から晩まで仕事に追われ、子どもの歯磨きまで手が回らない、虫歯になっても歯医者に連れて行く時間も余裕もないなどが理由のようです。
「歯医者に連れて行くから休みを取りたい」と言い出せないのが現状ということです。
せっかく始めた仕事を失いたくないという理由から、無理をしてしまうんですね。
そういう仕事もどうかと思いますが、なかなか現実は難しいようです。
そのとばっちりが、幼い子どもにいっているとなると、何とも悲しいです。
中には、全身麻酔で治療しないといけないほど重度なケースもあるらしいです。
このような状態は「デンタルネグレクト」にあたるとされています。

相続税の納税方法について

最近は「相続」についてのニュースや話題をよくみたり聞いたりします。
さて、相続税の納期限や納税方法にはどんなものがあるのでしょうか?
原則的には申告期限は10カ月以内で、現金で一括払いで納税することになるようです。
納税自体は管轄の税務署となり、銀行などの金融機関の窓口で納めるのが一般的のようです。
相続税は以前は物納や延納ができたらしいのですが、現在は認められていないようなので、納税のための資金については前もって準備をしておく必要がありそうです。
しかも相続税の場合、相続財産の不動産の評価額が大きく、しかも現金が少なければそれだけ相続税の納税額の負担は大きくなります。
かといって物納や延納も認められていないということもあり、納税資金のシミュレーションは特に事前準備が必須でしょう。
相続税についてはできれば相続を想定して生前に専門家に相談したり、おおよその納税額を計算しておくのがよいかもしれません。や準備不足で相続税を払えずに、相続財産を急いで売るなどするケースもよく聞きます。
いずれにせよ相続時のために財産の整理や事前の情報収集などは早いうちにできることはしておきましょう。

美容院の雑誌について読み取れること?!

美容院にある雑誌の種類というのは、もちろん美容院ごとによる、というのがあるでしょう。
私は独断でヘアカタログやファッション誌のほうが多いと踏んでいたところです。
しかし、実は週刊誌やタウン誌のほうが少し多めなのかなということを実感してきています。
全美容院を渡り歩いたわけでもないですが、2~3店舗中でもそのような感じだと見えてきました。
まあ、美容院には年齢も幅広くくるというところもあり、どの世代の大人でも見やすい雑誌なのかもしれません。
ただ、ヘアカタログやファッション誌って文字が少ないのでぱらぱらっとめくるだけで見れてしまいます。
また、髪型を決める初めだけに見ていることが多い、ここも美容院の雑誌の決め手なのではないでしょうか。
そう、滞在時間を考えると、活字の多いほうがじっくり読みふけることができるものでもあります。
それに頻繁に交換ばかりを頼むこともできないので、渡された中で最後まで…というのが適しているからかなと思えてきました。
あくまで私が推理する美容院の雑誌の見解なのですが、なんとなくはずれてもなさそうです。
あとは、最新のものばかりでなく、少し前の月のものまであったりもしますから、退屈しにくいでしょう。
美容院ではシャンプーなどの休みをはさみながら、昔の二ュースを遡ることもできますし、なかなかおもしろいです。

弁護士に求められることとは?

就職先を探すときは、自分の適性に合うかどうかが大きな課題になります。
たとえば、外部の人と接する部署で働くためには、外交的な人がおすすめです。
一方、地道な作業には、根気強い人が向いているでしょう。
仕事を探すときは、手持ちの資格を活かす方法もありますよね。
弁護士の仕事もそのひとつ。
弁護士になるためには、司法試験と司法修習を経る必要があります。
そのためには、法律関係の専門知識が求められるのはいうまでもないでしょう。
もちろん、幅広い知識を持つことも不可欠な条件です。
司法試験の受験資格を得る方法のひとつに「予備試験」の合格があります。
予備試験を受けるときに受験資格は問われません。
ただし、その試験内容に一般教養が含まれることも知っておきましょう。
「法科大学院」を経て司法試験に挑む人と同等の一般教養が必要になるからです。
しかし、弁護士として活動するには、幅広い知識を持つだけでは難しいかもしれません。
依頼者から相談を受けるときには、話をきちんと聞く必要がありますよね。
また、難解な専門用語を咀嚼して伝えられるスキルも不可欠です。
そのうえで、人とのコミュニケーション能力が求められることを知っておきましょう。

アジアの他の国へ留学する人は多いです

アメリカは広いです。
ヨーロッパも広いです。
アジアももちろん広いです。
アジアにはいろいろな国があります。
ほとんどの人が知っている国もあれば知らない人が多い国もあります。

すべての国を訪れた事がある人はいません。
すべての国となると費用も掛かりますし時間も掛かります。
一回ですべての国を回る事はできませんけど、複数回に分けて行くにしても難しいです。
観光でなら行けるかもしれませんが、留学となるとすべての国に行くのは無理です。
すべての国に留学となると一生かけても終えられないでしょうね。

近い留学先と言ったらアジアです。
アジアと言っても東アジアもあれば東南アジアや中央アジアなど様々です。
最近は東南アジアへ留学する人は多いです。
それに旅行ではほとんど訪れない国へ留学するという人もたくさんいます。
アジアには安全な国もあれば危険な国もあります。
安全な国へ留学する人は多いですが、危険な国へ留学する人も少なからずいます。
観光と留学では行く目的が違います。
好きという理由だけで留学するのは良くないです。
あまり好きでもない国でも目的にマッチすれば行くべきです。
行く前は嫌いだった国でも留学した後で変わる事はあります。
世界中にあるすべての国が好きという人はほとんどいません。
知らない国の場合、好きか嫌いなのかも分からないですからね。
近い所へ留学したいと思う人は多いです。
日本から近いとなると東アジアです。
アジア留学をする人は多いですが、中国や韓国などの近くではなく東南アジアなど離れた地域に留学する人は増えています。

税理士と会計士って同じと思っていた!

父親が小さな店をやっています。
母親も一応経理ってことで一緒にやっていますが、母はあまり仕事してる感じじゃないですよね。
経理って言っても税理士さんがほとんどやってくれてるようなもんだし。
そんな母は、その税理士さんのことを「うちの会計士さん」ってずっと言っていました。
だから、私は税理士と会計士って同じだと思っていたんです。
なので、友達の彼氏が公認会計士をしているって聞いて「税務申告書とか作成する仕事だよね」って何気なく言ったんです。
すると「それは税理士でしょ」って言われてしまいました。
え、違うの?ってびっくりしたけど、税理士と会計士って基本的に仕事の役割が全然違うみたいですね。
会計士ってのは会社の財務諸表を監視して会計基準に反してないかを調査したりするお目付け役みたいな仕事だそうです。
じゃ、うちの店の税理士さんとは全然違うな。
税理士さん、税務処理や細かいこともすっごくサポートしてくれて、相棒みたいな感じの人だったもんね。
こないだ帰省した時に母に「会計士じゃないよ」って説明したんだけど、同じようなもんじゃないって。
母に対してはお目付け役みたいなもんらしいです。
それは母が税務処理めちゃくちゃいい加減だからだと思うな(笑)

DVD制作をするためにはビデオカメラの存在も大きい

趣味で動画撮影を楽しむ人も少なくありません。
また、撮影して満足するのではなく、完成度にこだわる傾向もみられます。
これは、ほかの分野を趣味にする場合にも通じますよね。
専門的な知識がない人は、見分けが付きにくいかもしれませんが、趣味を極めたい人は些細なことでも気になるものです。
撮影した動画は、DVDに編集して保存する方法があります。
そのままで再生してもよいですが、撮影したまま残すのでは膨大な量になってしまいます。
また、再生をしないままの映像が増えることも考えられます。
せっかく撮影した大切な映像です。
ぜひともDVDにして残しましょう。
そのためには、DVD制作に必要なソフトの導入はもちろん、パソコンの性能なども見逃すことができません。
よいDVDをつくるためには、ビデオカメラも大きな鍵を握ります。
ビデオカメラ選びをするとき、こだわる条件は人それぞれですが、やはり、マイク入力端子付きのものが理想的ではないでしょうか。
また、動画のブレを防ぐための三脚、安心して撮影をするためには予備バッテリーも必要になります。
なお、キレイな動画撮影を期待するなら、DVD制作も含めて、専門業者に依頼してはいかがでしょうか。

正規留学と語学留学の違い

留学と言っても色々な種類があり、正規留学と語学留学の違いってわかりますか?
正規留学とは現地の大学や高校の教育機関で、そのこの学生さん達と一緒に学びます。
長期留学するため授業料の他に生活費やお小遣いなど費用が高額になり、高い語学が必要になるため、気軽な留学というスタイルではありません。
語学留学は語学に自信がない人でも1週間から留学することができ、英語とヨガの資格を取得するコース等、色々なコースがあります。
ワーキングホリデービザを取得すれば、現地で働くことができるので留学費用を抑えて留学することができます。
語学留学なら自分にあった留学スタイルを探すことができるので、初めて留学する人にオススメです。
短期の語学留学でもそれなりの費用はかかるので、留学先は慎重に選びたいものです。
まずは情報収集から始めてみるといいですよ。
留学先も色々ありますが、アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリスなどが人気で、近年では50歳以上やシニアの方も留学して学んでいるそうですよ。
留学するのに年齢なんて関係ないんですね。

歯医者に行くきっかけって予防歯科でもいいんだね

歯医者を好きな人ってなかなかいないと思うんですけど。
私もどんなにイケメンの歯医者さんだったとしても、通いたくはないなぁ、と思います。
当然歯医者でされることが痛いことだから、という思い込みがあったからと思うのですが。
でも、痛いことをしなくても歯医者に定期的に通う方法を思いついたんです。
それは定期的に歯をメンテナンスしてもらうこと。
メンテナンスということは、治療はされないので、痛いことはされませんよね。
一度予防歯科を掲げている歯医者さんで、やってもらったことがあります。
歯石を取るときは少し痛かったけど、虫歯治療に比べれば、なんてことはありません。
あとは歯を磨いて、歯茎をマッサージしてもらうだけ。
痛いことはされないので、これだったら通っても苦じゃないかも!
でも、イケメンの先生なら会う回数を増やしたいもんねー。
そう思っていたら、友達は1か月に1回、診察してもらっているらしい。
メンテナンスはそのうちの何回かに1回だから、診察だけなら安いみたいだし。
その案、もらったー!
あとはイケメンの歯医者さんを見つけるだけだー。(まだ見つけてなかったのか!)